ニキビ 種類

ニキビにも種類がある

ニキビと一言でいっても吹き出物にも色々な種類があり、それぞれ特徴があります。ニキビケアを正しく行うためにも、どのような種類があるのか知っておいた方が良いでしょう。

ニキビは大きく以下のように分けることができます。

・白吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)
・赤にきび
・黄色ニキビ
・黒吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)

白ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、白い点が見える状態をいい、これからニキビ菌が増殖していきます。

赤ニキビは白ニキビが悪化して、炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)を起こして赤くなった状態です。この赤ニキビが悪化して、炎症が激しくなり、黄色い膿が溜まってしまうと、黄色ニキビになります。

黄色ニキビになったのであれば、炎症の範囲が広がったり、治ってもニキビ痕になる可能性がありますので、注意必要と言えます。

黒ニキビとは、コメドや面疱(めんぽう)と呼ばれる皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)の塊が、毛穴の入り口に詰まり、それが黒く酸化した状態のことをいいます。ホクロみたいに見えてしまうため、気になる人も多いはずです。

このように、ニキビは大きく四つに分ける事が出来ますが、早めに対処してできれば白ニキビや赤ニキビで症状を抑えたいものです。管理人は矢吹氏のニキビ対策マニュアルの実践を推奨していますが、他のどの手法でも良いですから、徹底して努力しなければ結果がついてきませんよ。

 

サイトマップ