生理前 にきび

生理前ににきびが増えるのはなぜ?

生理前になると、にきびが増えるという人は多いのではないでしょうか?

これは生理前になると、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になるからです。

黄体ホルモンは皮脂の分泌を増やす働きがあるので、毛穴が詰まりやすくなり、にきびができやすい状態を作ってしまいます。また、ストレスを受けたら、更に、黄体ホルモンの分泌が増してしまい、ニキビができやすくなります。

中には、生理前でも面皰ができない人もいることでしょうねが、これは体質が大きく関係していると思ってください。生理前の吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)は、以下のようなことを心がけると予防できます。

・洗顔料を変える
・念入りに保湿する
・規則正しい生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を送る

生理前は皮脂の量が多くなるので、それに合った洗顔料を使用するようにしてください。この時だけ、ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)用の洗顔料を使うのもいいでしょう。

にきびを予防する為にも、保湿は非常に重要なので、念入りに行ってください。

オイリー肌だから必要ないと考えている方もいますが、それは間違いです。肌が乾燥すると、どんどん皮脂の量が増えるので、オイリー肌の人も保湿を行いましょう。

それに、生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)が乱れていると、黄体ホルモンの分泌が活発になってしまうため、規則正しい生活を意識してください。

 

サイトマップ