ニキビ 場所

場所で原因が違う

ニキビは可能な場所で原因が違うといわれています。その為に、できた場所に応じて、適切な対策を取るというのがポイントです。

例えば、おでこにできた時に考えられるのは、シャンプーのすすぎ残し、前髪による刺激、胃腸の不調といったものです。

おでこにシャンプーがついたままだと毛穴を塞いでしまいますよね。また、前髪がおでこに触れる度に刺激を受けてしまうため、炎症を起こす事があります。胃腸の調子が悪いとニキビが出来やすくなるため、食生活を改善して下さいね。

鼻にできる場合は鼻を触るクセやファンデーション、脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)分の多い食品の食べ過ぎなどが考えられます。

手にはみなさんが思っている以上に汚れが付着しているので、頻繁に鼻を触ってしまうと雑菌が繁殖してニキビができやすいです。それに、ファンデーションが毛穴を詰まらせて吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)を引き起こしてしまうこともありますし、脂肪分の多い食品をたくさん食べている人は皮脂の過剰分泌を起こし、ニキビが可能でやすい状態を作っているのかも知れません。

 

サイトマップ