ニキビ 種類

ニキビにも種類がある

ニキビと一言で言っても種類があります。

ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)の種類は以下の通りです。

・白ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)
・黒ニキビ
・赤ざそう
・化膿ニキビ

白ニキビとは皮脂が毛穴に詰まって、白い点が見える状態をいいます。炎症はないのですが、PアクネとSTエピッドが増殖しているので、注意するようにしてください。

黒ニキビは皮脂が酸化して、シミのように黒っぽく見える状態のことです。吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)を放置すると黒ニキビになる可能性があるのです。

赤ニキビは白ニキビが悪化して、炎症を起こした状態です。赤く腫れ上がり、痛みやかゆみを感じます。

化膿ニキビは赤ニキビが悪化して、黄色い膿が溜まっている状態です。

黄色ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)とも呼ばれ、面皰の炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)が周りに広がる可能性があります。

また、悪化するとニキビ跡になる場合もあるので、注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しないといけません。

ニキビの種類により対処法が変わってきますから、まずはこの四つのニキビがどういったものなのか理解しておきましょう。そして、ニキビができる年代によっても、思春期ニキビと大人ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)に分けることができます。

思春期ニキビは名の通り思春期の頃にできるニキビで、大人ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)は思春期が終わった後にできるニキビです。

 

サイトマップ