にきび お菓子

ニキビとお菓子

お菓子は吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)に悪いと言われているんですが、本当に関係あるのでしょうか?

結論からいうと関係あります。

お菓子には糖分が多く含まれており、糖分を摂ると皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)の分泌が活発になりますので、毛穴の詰まりを引き起こします。毛穴の詰まりをそのままにしておくと炎症を起こし、尋常性瘡になるので、お菓子は食べない方がいいといわれているのです。

ただし、普段からお菓子を食べている人が急に止めてしまうとストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)が溜まり、さらにニキビが悪化する可能性もあります。

ストレスで吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)が増えるようなら、無理矢理止める必要はないでしょう。もちろん、たくさん食べてしまうとそれだけ尋常性瘡ができやすくなるので、量をコントロールしてくださいね。

かず多く食べなければそこまで影響はありませんから、考えながら食べるようにしましょう。

例えば、クッキーなら一日5枚までといったように自分なりに制限を設けることで、食べ過ぎを防ぐことができます。ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)にもなるので、体型が気になる方は少し甘いものを控えてみてはいかがでしょうか。

 

サイトマップ